2005.2.12 梅と河津桜
Camera: CANON EOS 10D Lens: SIGMA 8mm
Software: Panorama Tools + PTGui + Photoshop + Panoweaver(QTVR変換)

インフルエンザで寝込んでいるうちに、春がやってきました。11日にやっと熱が下がったので、近所の大庭城址公園に散歩に行くと、梅がほころんでいました。新聞を見ると松田町で河津桜が咲いているとの事。ここなら電車でも一時間もあれば行けるし、お天気もいいので、ちょっと出かけてみました。問題はSigma8mmレンズの絞りの調子が悪いことです。F5.6からF8.0あたりがだめです。絞りが元に戻らず、シャッターを切るたびに、どんどん絞り込まれていきます。
松田町西平畑公園の河津桜 ISO200 F4.5 1/90
小田急新松田駅から徒歩15分くらいのところにあります。河津桜が五分咲きくらい。めじろがたくさん花の蜜を吸いにきていました。山の急斜面を少し登るだけで汗だくになる暖かい日でした。めじろはEF300F4ISで別に撮影。円周魚眼ではさすがに無理。下に原画を少しのせておきます。とにかく大群なので撮影は至って簡単。QTVR 2.2MB
大庭城址公園の白梅 ISO100 F5.6 1/250
絞りを開けて、春の暖かさを表現してみました。距離は目測20cmで固定。レンズの先からほんの5cmー10cmの花にだけピントがあいます。まだ咲き始めなので、花の多そうな枝の間にカメラを差し込んで撮影。どの枝に止まろうか飛びながら思案している鶯の目線。QTVR 1.3MB
めじろの写真はすべてEOS10D+EF300F4IS ISO400 F4.0 1/350 トリミング
(他の観光客がめじろだと言っていましたが、私は本当は何の鳥だか分かりません。)