2006.9.3 Enoshima lens test

TAYLOR-HOBSON COOKE ANASTIGMAT No 125326 5 1/2 INCH SERIES O f/2 (Opic)
Orthometar 1:4,5 f=21cm Carl Zeiss Jena No 2073312
WRAY LONDON No 111225 2in f 1.0 C.R.T LENS COPYING 4:1 (Reversed front element only)

TAYLOR-HOBSON COOKE ANASTIGMAT No 125326 5 1/2 INCH SERIES O f/2 (Opic)
昨日の大船植物園でのテストで、花や近接撮影では非常にシャープであることが確認できたので、風景でのテストを行いに江ノ島に行ってきました。風景でもF4.0でピントが合うと、シャープであることは確認できたのですが、あまりティルトしやすいとは言えませんでした。ティルトすると少し解像度が落ちるようです。マウントの問題が大きいと思います。Maiya 100mm F2.8用に作った蛇腹のように、レンズとカメラの間に全くなにも障害物がない方がいいのだと思われます。


右側の写真はピクセル等倍です。かなりシャープです。


Orthometar 1:4,5 f=21cm Carl Zeiss Jena No 2073312
オルソメターもオピックと同じ構造の蛇腹ですので、あまりティルトしやすいとは言えません。本来ティルトしても乱れないはずなのですが。フレアを避けるため、ものすごく深いフード(小さいフードの逆付けをしています)をつけていますので、ティルトするとすぐにケラれるせいもあります。本来大判で威力を発揮するレンズなので、35mmで風景用に使っても実力を発揮できないのかもしれません。




WRAY LONDON No 111225 2in f 1.0 C.R.T LENS COPYING 4:1 (Reversed front element only)
実はこのレンズ同じものが2本あります。一本は5cmマクロに改造したのですが、もう一本同じものに改造してもしょうがないので、ソフトレンズに改造してみました。前群のレンズをとりはずして、逆向きに取り付けると、バックフォーカス約10cm、画角50mmレンズ相当、F2.8くらいのソフトレンズになります。詳細は後で日記に書きます。とんでもない使い方なので、とんでもないソフトレンズになります。