2006.9.20 Sunset
本日の夕日

R&J. BECK PATENT 871559 9.5 IN ISOSTIGMAR f 6.5 No 113434
OLYMPUS OM-SYSTEM ZUIKO AUTO-W 21mm 1:3.5 118629 Japan

R&J. BECK PATENT 871559 9.5 IN ISOSTIGMAR f 6.5 No 113434

今日は朝から曇り空。撮影はあきらめていたのですが、午後4時をすぎたあたりから回復の兆し。 5時過ぎには夕焼けになりそうな感じだったので、近所の丘(といっても高さ5mくらいですが) に上って撮影。この丘からは富士山が良く見えます。”写真鏡玉”でアイソスチグマーが絶賛されたいたので、 使ってみました。9.5インチの手持ちです。

OLYMPUS OM-SYSTEM ZUIKO AUTO-W 21mm 1:3.5 118629 Japan

多少絞っても、なお周辺光量は落ちます。昔は21mmは周辺が落ちて当然と思っていましたし、落ちた方が広角らしいとも言えます。
21mmでも相当広角ですが、大規模な夕焼けは全部入りきらないため、パノラマ合成して見ました。


今回は広角ですので、約180度の画面ですので、平面写真(Rectilinear)に合成するのは無理です。 平面写真は120度が限界です。そこで、今回は円筒投影(Cylindrical)にしてみました。これは横方向は伸びませんが、 縦方向は伸びます。ですので高い空を表すのに適しています。もうひとつの投影方法のEquirectangularというのがあります。 これは通常360度QTVR用に使用します。縦も横も伸びません。世界地図で正距円筒図法と呼ばれる投影方法です。 各投影方法の例を示します。


Rectilinear合成。120度でも左右が伸びすぎており、適当な投影方法ではありません。


Cylindrical合成。上の方になるに従ってどんどん伸びます。この場合では空が高く見えるし、縦横比も適切なので今回採用しました。


私がいつも使う投影方です。緯度と経度を単純にXY座標として用いるものです。この絵の場合には横長になりすぎたのでやめました。上下左右360度を表現したときに、縦横比が1:2になります。