2006.10.21 キノ プラズマット試写
Hugo Meyer Plasmat 9cm F1.5 test

Hugo Meyer & Co Gorlitz Plasmat f:1.5 F=9cm D.R.P Dr. Rudolph

F1.5 福沢諭吉像 周辺に同心円状のボケが見えます。コマ収差のようなのですが、 これがキノ プラズマットの特徴であり、大きな魅力です。右はピクセル等倍。

開放絞りではコマ収差が全面的に出ます。中央の点光源から出るコマ収差はこちらに 向かって来るように見えます。右はピクセル等倍。


新藤修一さんの写真展”記憶の断片”を目黒のギャラリーコスモス に見に行った帰りにスナップ。現代のレンズとは違う豪快な(凶暴な?)写りですね。ちなみに、以前から疑問だった、 東横線中目黒駅とJR目黒駅はどのくらい離れているかの調査も兼ねました。ギャラリーコスモスはだいたい東横線中目黒駅と JR目黒駅の中間にあるので、計測可能なのです。 結果は、中目黒−>ギャラリーコスモス 徒歩約15分、 ギャラリーコスモス−>JR目黒 徒歩約10分。 25分歩けば間違いなく着けるようです。