2006.11.25 近所でレンズテスト

ROSS LONDON No 93906 TELECENTRIC 1:6.8 11 IN
ZENZANON 1:3.5 f=150mm Zenza Bronica Japan No. 15013719
Carl Zeiss Planar 1,8|50 5193674 (Rollei SL35 mount)
Carl Zeiss Jena Nr. 2792559 Orthometar 1:4,5 f=21cm

ROSS LONDON No 93906 TELECENTRIC 1:6.8 11 IN

付属のフードでは短すぎて強いフレアがでますので、フードを5cmほど追加。そこそこ写るようになりました。

公園に古い民家が移築してあり、ハイキング客が休憩していました。解像度が高いとは言えませんが、まあこんなもんかと思います。

これは良く写った方です。280mmF11くらいなのでISO800まで上げても手持ちは結構厳しいです。

蜘蛛の巣を撮影すると、色収差がはっきり見えます。



ZENZANON 1:3.5 f=150mm Zenza Bronica Japan No. 15013719

遊行寺のもみじ。やっと紅葉が始まりました。

開放でもなかなかシャープです。

逆光にもそこそこ強い。

赤くなっているところだけ切り取るには150mmは使いやすい焦点距離です。私の蛇腹だとどうしても不必要なアオリが入ってしまいますので、ブロニカのヘリコイドが欲しいところです。探して見たのですが、なかなか安いものが見つかりません。


Carl Zeiss Planar 1,8|50 5193674 (Rollei SL35 mount)

かなり大胆なマウント改造をしたので、写りに影響があるのではないかと心配したのですが、全く問題ありませんでした。開放からシャープなので驚きました。右側は銀杏の葉の拡大ですが、かなり良いようです。

F4.0まで絞ると、相当にシャープです。




シャープネスに関しては、文句の付けようがありません。こんなのがジャンクでタダ同然で買えたのはラッキーです。ローライSL35マウントなのと、後玉を分解して曇りを取る人がいないせいでしょう。市販のマウントアダプタもありますので、安ければおすすめの一本です。


Carl Zeiss Jena Nr. 2792559 Orthometar 1:4,5 f=21cm


オリンパスのオート・エクステンション・チューブを焦点合わせに使うのは大失敗。動きが硬くて微調整はできません。このオルソメタは開放ではシャープではなく、絞って使った方が良いようです。暗い場所での手持ち撮影は厳しいですね。