2007.1.7 Ofuna Flower Center

Kilfit - Makro - Kilar D 1:3.5/40 C Nr. 211-3701
TAYLOR-HOBSON COOKE ANASTIGMAT No 157821 6 1/2 INCH f/2.5
Planar 1:3,6 F=110mm D.R.P. 92313 Serie Ia No 36606

今年は暖冬とはいえ、真冬です。ところが大船植物園では、バラなど秋の咲き残り、椿などの冬の花、ロウバイなどの春の花、しゃくなげなどの初夏の花の狂い咲き、熱帯のような温室など、多様な花が見られます。お天気がよく、快適なレンズテスト。カメラはすべてEOS 5D。撮像素子のごみが写っていますが、ご容赦下さい。
マクロキラー40mm F3.5は噂どおりよく写りました。レンズ構成不明。

Kilfit - Makro - Kilar D 1:3.5/40 C Nr. 211-3701





40mm F3.5というのはマクロレンズとしてとても使いやすいスペックです。焦点距離は短いほどレンズの繰り出し量が少なくてすむので助かります。F3.5と少し暗いですが、ある程度の被写界深度を得るには適切な値だと思います。以上、右側の写真はピクセル等倍。


とても軽いし、ヘリコイドも思ったより使いやすい。評判どおりの優秀なレンズでした。

唯一の難点は、EOS 5Dだとミラーを干渉して無限遠が出ないこと。これくらいより近くにしかピントは合いません。APS-CのKiss-Dとかなら、無限遠が出せるかもしれません。


TAYLOR-HOBSON COOKE ANASTIGMAT No 157821 6 1/2 INCH f/2.5


ペンタックス67のヘリコイドに入れたスピーディック Series Xです。結構コントラストが高く、改造は成功だったようです。このレンズ、開放では少し光が滲んで、ソフトな描写になります。ピントの芯はあるので、いい感じです。以上右側がピクセル等倍。



開ければソフト、絞ればシャープなお得なレンズです。レンズの歴史的には知られたレンズですが、それと意識して使っている人はだれもいないレンズのようでして、ちょっとうれしくなります。


Planar 1:3,6 F=110mm D.R.P. 92313 Serie Ia No 36606

プラナーも持っていったので、ちょっとだけ使用。