070430 Niiharu Forest Park at Yokohama
新治市民の森

青葉台のチャンプに現像を頼んでいる間に、自転車で新治市民の森に撮影に行ってきました。ちょっと撮影して帰ると、現像が仕上がっていました。早速お店で見ると、きれいに写っていました。110年前のプラナーは、35mmフルサイズデジタルでは、画面中心はすばらしくシャープでも周辺が流れるという現象が見え、像面湾曲を疑っていました。ところが、6cm x 7cmのフィルムでは、像面湾曲は見えず、フラットな写真ができました。像面が平坦という意味のプラナーの像面が湾曲しているという疑いは、見事に晴れたわけです。

Planar 110/3.6
Olympus 50/3.5 macro

Planar 110/3,6 + Pentax 6x7 RDPIII + copied using EOS5D/Olympus 50/3.5

絞り開放。左が縮小。右はピクセル等倍に拡大。6x7cmの周辺でもほとんど乱れていませんね。 ボケがわずかに三角形ぽくなっていますが、コマ収差はよく押さえられていると思います。 複写のせいで、コントラストが異常に高くなっていますが、実際はもう少し低いです。

すべて絞り開放。手持ち。撮影は逆光でもあまり問題ありません。35mmと同様に撮影できます。 ただし、光が回り込んでしまうため、複写は難しいです。


EOS5D + Olympus 50/3.5

デジカメで撮影。当たり前ですが、簡単できれいです。