2007.8.15 Shimbashi to Kanda through Ginza

新橋から銀座を通って神田まで散歩。暑いですが、午後4時の銀座通りは日陰ですので耐えられないほどではありません。
Camera: CANON EOS 5D

Carl Zeiss Jena Anastigmat 1:4,5 F-183mm (プロターI類)
COOKE ANASTIGMAT 40mm f/2
COOKE SPEED PANCHRO 75MM f/2

Carl Zeiss Jena Anastigmat 1:4,5 F-183mm

F=4.5
Anastigmat I 類 F4.5は、やはりシャープネスでは後のIa類(プラナー)、Ib類(ウナー)、Ic類(テッサー)には全くかないません。 しかしながら、平和な銀座をぶらぶら撮影するのには、ちょうど良いかもしれません。


COOKE ANASTIGMAT 40mm f/2


F=2.0, Right: Pixel crop

レンジファインダーだと広角の古典クセ玉は多いのですが、一眼レフではバックフォーカスの関係でほとんどクセ玉は存在しません。 アンジェニューがレトロフォーカスを出すのは1950年になってからのことです。このクック40mmは映画用ですので、35mmフルサイズをカバーしませんが、 古典的な逆望遠で、なかなかのクセ玉です。国産でこれに対抗できると思われるクセ玉があります。 対角魚眼の先駆けとなったフィッシュアイタクマー18mmF11です。


COOKE SPEED PANCHRO 75MM f/2

F=2, Right: Pixel crop

F=2, Center: Pixel crop(center), Right: Pixel crop(bottom right)
真ん中の写真は画面中央の拡大。右の写真は画面右下の拡大。ボケは真円ではありませんが、まずまずの形をしており、コマ収差はわりと良く補正されているのではないかと思います。

F=2.0
開放F2.0でしか写せないスピードパンクロですが、なかなか楽しめます。キレがあるのにコクがあるという感じでしょうか。 あるいは、洋食の隠し味に昆布ダシを入れたような感じでしょうか。