2007.8.25 Shiga Miidera 滋賀 三井寺

DALLMEYER SPEED ANASTIGMAT F/1.5 F=3"
Camera: Canon EOS 5D
F=2.0 for all pictures

出身地の滋賀県には立派な神社仏閣や歴史的景勝地がたくさんあるのですが、ほとんど行ったことがありませんでした。前を通ったことはあるのですが。ということで、少しずつ回ってみたいと思います。

第一弾は大津市の総本山園城寺「三井寺」。三井寺で頂いたパンフレットから引用させて頂きます。
”園城寺(三井寺)は、天台寺門宗の総本山で、古くから日本四箇大寺のひとつに数えられています。その歴史をひもとくと、 天智・弘文・天武天皇の勅願により、弘文天皇の皇子・大友与多王が田園城邑を投じて建立され、 天武天皇により「園城(おんじょう)」の勅額を賜り。「長等山園城寺」と称したのにはじまります。 俗に「三井寺」と呼ばれるのは、天智・天武・持統天皇の産湯に用いられた霊泉があり、 「御井(みい)の寺」と呼ばれていたものを、後に智証大師が、当時の厳儀・三部潅頂の法水に用いられたことに由来します。”


三井寺に行くには、京都からJR東海道線で一駅の山科へ行って、そこで京阪電車に乗り換えて浜大津へ。 さらに坂本方面へ一駅行くと、三井寺駅です。京阪電車は500円で一日乗降自由の”湖都古都・おおつ1dayきっぷ” を買うと安上がりです。電車を降りると、すぐに琵琶湖疏水が見えますので、疎水沿いに10分ほど歩けば三井寺です。 ちなにみ京阪バスはなぜか赤色です。昔からそうだったような、そうじゃなかったような。


突き当りを左に折れると、長等神社があります。その横の階段を上がると西国十四番札所・観音堂に着きます。 ここから見下ろす大津市内の景色はすばらしいです。


濃い緑の中に、近江八景で知られる「三井の晩鐘」や、三重塔など、たくさんの重要文化財があります。金堂は改修中でしたが中は見られました。 ただし撮影禁止。金堂は豊臣秀吉の北の政所により、慶長四年(1599)に再建された、桃山時代を代表する名建築として知られている。 朝が早いせいか、暑いせいか、境内の中は人影がほとんどありませんでした。


山の中腹に建つ寺ですので、石垣や石段が多く、城を作る技術が使われたのかなぁなどと想像するのでした。


Right: Pixel crop (F=1.0)
なにげなく撮ったスイレンですが、拡大してみると、中央よりのスイレンがシャープであるのに対し、 少し端のスイレンはかなりソフトです。これがこのレンズの持ち味でして、主題を真ん中に入れた日の丸写真を撮ればいいわけです。