2007.9.1 Tanimoto river 谷本川

KOWA-R 1:4/135をぶらさげて近所の谷本川を散策。このレンズは作りが普通のレンズとちょっと違います。すごく良く写るとは言えませんが、 不思議なレンズで楽しめます。

Lens: KOWA-R 1:4/135
Camera: Canon EOS 5D
F=4.0 for all pictures






Right: Pixel crop
昭和40年代のレンズですので、コーティングはしっかりしており、逆光でも全く問題ありません。暗いレンズなので、開放からシャープです。



少し糸巻き型の歪曲があります。周辺光量は相当落ちます。特にレンズを前に繰り出した時に激しく落ちます。これは、普通のレンズを逆で、最初は理解できませんでした。普通はレンズを繰り出せばイメージサークルが広がるので、光量落ちは改善されるはずなのです。一時間ほど撮影して、やっと理由がわかりました。すっきりしました。ただし、意図は全く不明です。近接撮影でわざと周辺光量が落ちるように設計されているとしか思えないのです。不思議です。