2007.9.16 Ofuna Flower Park 大船フラワーパーク

Enna Werk Munchen Ennalyt 1:1.5 f=85mm C Nr. 2018
COOKE ANASTIGMAT 40mm f/2 563684
Ernst Leitz Wetzlar Hektor Rapid f=1.7cm 1:1,4 530252

久しぶりの大船フラワーパーク。レンズテストに最適です。引っ越す前は自転車で30分だったのですが、 今は電車+徒歩で90分。到着したのは閉園一時間前。ほとんどの人が帰った後で人影もまばらでしたが、 夕日が面白い照明をしてくれました。一時間足らずの撮影でレンズ3本、325枚。デジタル一眼レフならではですね。

Enna Werk Munchen Ennalyt 1:1.5 f=85mm C Nr. 2018

Right: Pixel crop, F=1.5 EOS 5D
グルグルのボケを期待したのですが、何となくグルグルに見えるのはこの写真一枚だけでした。 開放F=1.5では少し収差が残っているのですが、あまり目立つものではありません。収差が目立つように写すというのも技がいりますね。

Right: Pixel crop, F=1.5 EOS 5D
周辺には半月状のボケが見られますが、これはレンズの収差というよりは、EXAKTAマウントの穴が小さすぎてケラレているのではないかと思います。 後玉の方がかなりEXAKTAマウントよりも大きいので、可能ならEXAKTAマウントを完全に撤去したいところです。とても難しいので、やめておきます。


1961年開発のレンズですので、ちゃんとしたコーティングがかかっており、決して逆光に弱いわけではありませんが、 レンズに直接太陽が入る場合には、右の写真のような虹が出ます。左手でハレ切りしてやれば、右の写真のように虹は消え、クリアな写真になります。


F=1.5 - 2.8?, EOS 5D
絞り輪が軽く回りすぎて、ちょっと触っただけで誤ってF=2.0くらいまで絞ってしまうことがあり、不便です。なので、 開放じゃない写真も混ざっていますが、だいたいこんな感じです。これはなかなか優れたレンズですね。ソフトさも十分残っており、 十分楽しめるレンズです。M42マウントのが見つかれば、何の問題もなく使えそうです。問題はEXAKTAマウントの方で、 マウントアダプタで無限遠が出るか不明です。私はアダプタを持っていないので、簡単な改造をしました。


COOKE ANASTIGMAT 40mm f/2 563684

Right: Pixel Crop, F=8.0
ちょっと絞ると中心付近はシャープになります。


F=2.0 EOS 5D
暗いめに撮影すると、中心にあるものが引き立ちます。接写だとイメージサークルが広がり、ケラレが目立たなくなります。


Ernst Leitz Wetzlar Hektor Rapid f=1.7cm 1:1,4 530252



F=1.4, EOS 5D
EOSだと極端な接写になりますが、その分イメージサークルが広がり、案外普通の写真になります。 レンズの先から2〜3cmのほぼ等倍の接写しかできませんが、F1.4開放でも案外ちゃんと写ります。詩集の挿絵なんかにはいいんじゃないでしょうか。