2007.10.20 Shibuya 渋谷

VOIGTLANDER SEPTON 1:2/50
VOIGTLANDER-ZOOMAR 1:2.8 f=36mm....82mm
CONTRAST TACHAR F:2.3 150 mm ASTRO Berlin No6141

午後3時頃から渋谷に散歩に。30分ほどで行ける撮影場所は、結局渋谷が一番いいようです。

VOIGTLANDER SEPTON 1:2/50




F=2.0, Right: Pixel crop
デッケルマウントなら何でもよく、安かったので何も知らずに買ったセプトンですが、なかなかの銘玉のようですね。 開放F2ではコントラスト、発色、シャープネスとも素晴らしいです。しかし、なぜか絞ると悪化するような気がします。これは研究課題。



特に文句のつけようがありません。ただ、一般に言えることですが、50mmは中望遠に比べピント合わせが難しいです。 ファインダーではピントがよく見えません。


VOIGTLANDER-ZOOMAR 1:2.8 f=36mm....82mm

渋谷から代々木公園に行って、また渋谷に帰るコース。
先週ZOOMARは色が濃いと書きましたが、代々木公園では色が”古い”と感じました。緑かぶりしているせいかもしれません。昔のネガで撮った写真が色あせたような色です。ところが公園の外では、そんなに気になりません。


CONTRAST TACHAR F:2.3 150 mm ASTRO Berlin No6141


F=2.3 Right: Pixel crop
代々木公園ではアイドルグループが路上で歌っていました。アイドルも大変ですね。古いコントラスト・タッカーで撮ってみました。 既に4時過ぎで、日陰は暗くなっています。もうちょっと早い時間の方がいいですね。

古いアストロはアイドル向きでした、とは言えないようです。いったい何に向くのか? ボシュロム・レイター 2.7/152mmにしろ、ウォーレンサック・ラプター 2.7/152mmにしろ、映画用のトリプレット系の150mmレンズは、 なかなか使い方が難しいです。