2007.11.11 Kino Plasmat 1:2/9cm vs. Ernostar 1:2/10cm
キノ・プラズマート F2 対 エルノスター F2

Hugo Meyer Plasmat 1:2 F=9cm 291549 (Kino Plasmat F2)
Ernemann "ERNOSTAR" 1:2 f=10cm 150122


Ernostar F=2.0 <---------------> Kino Plasmat F=2.0 <--------> Kino Plasmat F=8.0
エルノスターは開放からシャープです。Kino Plasmat F2は開放では大甘で、F8まで絞ってやっとシャープになります。



Pixel Crop Ernostar F=2.0 <------> Kino Plasmat F=2.0 <--------> Kino Plasmat F=8.0
ピクセル等倍で見るとはっきりします。



Ernostar F=2.0 <---------------> Kino Plasmat F=2.0
ブロンズ像でも同じ傾向です。



Pixel Crop Ernostar F=2.0 <------> Kino Plasmat F=2.0
ピクセル等倍で見ると、エルノスターは光がにじんでおらず、キノ・プラズマートは大いににじんでいます。ここがキノ・プラズマートのいいところです。



Pixel Crop Ernostar F=2.0 <------> Kino Plasmat F=2.0 <--------> Kino Plasmat F=8.0
古墳の看板を撮影して、ピクセル等倍で切り出してみました。エルノスターは開放からシャープで、シャープネスを上げるために絞る必要は全くありません。Kino PlasmatのF=8.0とErnostarのF=2.0が同じくらいのシャープネスです。



Ernostar F=2.0 <---> Kino Plasmat F=2.0
背景のボケ具合は、エルノスターは柔らかく、キノプラズマートはよく言えば繊細な、悪く言えばガサガサしたボケです。



Ernostar F=2.0 <---------------> Kino Plasmat F=2.0 <--------> Kino Plasmat F=8.0
曇りの日の夕方の遠景。Ernostarはやはり開放からシャープです。


Pixel Crop Ernostar F=2.0 <------> Kino Plasmat F=2.0 <--------> Kino Plasmat F=8.0
ピクセル等倍で見ると、さらにはっきりします。


ここから先は比較ではありません。まずは、
Hugo Meyer Plasmat 1:2 F=9cm 291549 (Kino Plasmat F2)

微妙な写りですね。今のところ、まだKino Plasmat 1:2/9cmをどのように使えば良いのか分かりません。でも、多分晴れの日にテストすれば分かると思います。


Ernemann "ERNOSTAR" 1:2 f=10cm 150122

いやぁ、ガソリンが高くなりましたねぇ。いったいどこまで上がるのでしょうか?