2008.2.3 Kino Plasmat 1.5/7.5cm Test

Kino Plasmat 1.5/7.5cmをKino Plasmat 1.5/9cmと他の1.5/7.5cmと比較してみました。年代的にはビオターだけずいぶん新しいです。

ただ、APS-CのEOS 10Dではあまりグルグルのボケにはならないので、あまりKino Plasmatらしくありません。そこで、ピント位置によるボケの変化を別にテストしてみました。

Hugo Meyer & Co-Gorlitz Nr.503313 Plasmat f:1.5 F=7.5cm DRP Dr. Rudolph
Hugo Meyer & Co Gorlitz Plasmat f:1.5 F=9cm D.R.P Dr. Rudolph Nr. 582679
DALLMEYER SPEED ANASTIGMAT F/1.5 F=3" 318147
Carl Zeiss Jena Biotar 1.5/75 T 3771480

Boke Test
Lens comparison 1
Lens comparison 2
Lens comparison 3


Boke test of Kino Plasmat 1.5/7.5cm by different focus point
ピント位置によるボケの変化

Kino Plasmat 1.5/7.5cmのピント位置をカメラの近くから遠くに向かって移動したときのボケの変化

ピント位置がものすごく手前にある場合、当然遠くのものは大きくボケます。ボケが大きすぎて他のレンズを区別えきません。


ピントを少し奥に移動すると、遠方のボケは小さくなり、ボケの中心に尻尾のようなものが出てきます。 これは画鋲のような形をしており、横に向くとT字型に見え、こちらを向くと黄身の小さな目玉焼きのように見えます。


合焦した状態です。画鋲が小さくなりますが、完全に消滅するわけではありません。画面中央では画鋲の頭の部分が光のにじみを生み、 周辺にいくにつれて、画鋲が回転します。一番端では画鋲は90度回転してT字型に見えます。画鋲の頭の部分がはっきり見えるとグルグルになります。


さらにピントを奥に移動すると、中心はリングボケに、周辺は放射状のボケに変わります。ガラスのコップのような3次元形状だと思われます。


さらに遠方にピントを移動すると、ガラスのコップがどんどん大きくなります。ちなみに、私はずいぶんオーバーインフに改造します。ですので遠くのものでもこんなボケがよく出ます。無限遠を調整してしまうと、前ボケでしか見られません。


Lens comparison 1

F=1.5

Kino Plasmat 7.5cm --------- Kino Plasmat 9cm ---------- Dallmeyer Speed ---------- Biotar ---

F=1.5 Pixel crop

Kino Plasmat 7.5cm --------- Kino Plasmat 9cm ---------- Dallmeyer Speed ---------- Biotar ---

F=2.0

Kino Plasmat 7.5cm --------- Kino Plasmat 9cm ---------- Dallmeyer Speed ---------- Biotar ---

F=2.0 Pixel crop

Kino Plasmat 7.5cm --------- Kino Plasmat 9cm ---------- Dallmeyer Speed ---------- Biotar ---

F=2.8

Kino Plasmat 7.5cm --------- Kino Plasmat 9cm ---------- Dallmeyer Speed ---------- Biotar ---

F=2.8 Pixel crop

Kino Plasmat 7.5cm --------- Kino Plasmat 9cm ---------- Dallmeyer Speed ---------- Biotar ---

ピント合わせが難しいレンズ達です。ファインダーを見る限りでは開放でもシャープでピントが合っているように見えるのですが、写真を見るとはずれています。光のにじみにだまされるようです。この場合にはKino Plasmat 9cmが大きくはずれていて、Dallmeyer Speedがばっちり合っています。また、雲が流れていて、明るさがころころ変わるので、明るさの違いは気にしないでください。まあ、Kino Plasmatは7.5cmも9cmと似たような傾向を示し、F=2.8でシャープになっていますので、私の改造や組み立てなどに問題がないことだけは確認できました。


Lens comparison 2
F=1.5

Kino Plasmat 7.5cm --------- Kino Plasmat 9cm ---------- Dallmeyer Speed ---------- Biotar ---

F=1.5 Pixel crop

Kino Plasmat 7.5cm --------- Kino Plasmat 9cm ---------- Dallmeyer Speed ---------- Biotar ---

F=2.0

Kino Plasmat 7.5cm --------- Kino Plasmat 9cm ---------- Dallmeyer Speed ---------- Biotar ---

F=2.0 Pixel crop

Kino Plasmat 7.5cm --------- Kino Plasmat 9cm ---------- Dallmeyer Speed ---------- Biotar ---

F=2.8

Kino Plasmat 7.5cm --------- Kino Plasmat 9cm ---------- Dallmeyer Speed ---------- Biotar ---

F=2.8 Pixel crop

Kino Plasmat 7.5cm --------- Kino Plasmat 9cm ---------- Dallmeyer Speed ---------- Biotar ---

この構図では、Biotarが明らかに良く、他は似たようなものです。Kino Plasmat 7.5cmはちょっとピンボケかもしれません。唯一Biotarだけコーティングがかかっているので、その違いが出たものと思われます。


Lens comparison 3
F=1.5

Kino Plasmat 7.5cm --------- Kino Plasmat 9cm ---------- Dallmeyer Speed ---------- Biotar ---

F=1.5 Pixel crop

Kino Plasmat 7.5cm --------- Kino Plasmat 9cm ---------- Dallmeyer Speed ---------- Biotar ---

F=2.0

Kino Plasmat 7.5cm --------- Kino Plasmat 9cm ---------- Dallmeyer Speed ---------- Biotar ---

F=2.0 Pixel crop

Kino Plasmat 7.5cm --------- Kino Plasmat 9cm ---------- Dallmeyer Speed ---------- Biotar ---

F=2.8

Kino Plasmat 7.5cm --------- Kino Plasmat 9cm ---------- Dallmeyer Speed ---------- Biotar ---

F=2.8 Pixel crop

Kino Plasmat 7.5cm --------- Kino Plasmat 9cm ---------- Dallmeyer Speed ---------- Biotar ---

この構図でもKino Plasmat 7.5cmはちょっとピンボケのようです。やはりビオターの圧勝に終わりました。製造時期がだいぶ違うので当然なのですが。どうやらこの比較は苦労する割には面白い結論がでないので、この辺でやめておきます。


Kino Plasmat 1.5/7.5cm samples

F=2.8


F=1.5

空気が濃く写ります。あるいは湿気が濃く写るのでしょうか。収差が原因と分かってはいるのですが。
一生懸命ピントを合わせても、うまく合ったり合わなかったり。露出オーバーだったりアンダーだったり。EOS 5Dだと多分プラス補正が必要ですが、EOS 10Dだとどういうわけかマイナス補正が必要です。気まぐれなレンズです。そこが魅力なのですが。