2008.2.10 Mizonokuchi 溝の口

溝の口で昼飯を食べようと思い、餃子の王将(大阪系)に入ってメニューをみたら、ノクチ・ランチというのがあって、もしやしてノクチルクスがおまけでつくランチかと思ったのですが、もちろんそんなわけはなく、溝の口を短く言うとノクチらしいのです。駅前のビルはNOCTY PLAZAでした。

溝の口は江戸時代以前から府中街道と足柄道が交差する交通の要衝として古くから栄えたようです。昭和2年には、JR南武線と東急田園都市線の元となる鉄道が敷設され、乗換駅として栄えました。最近駅前の再開発があり、今では近代的なたたずまいです。それでも、古いものが残っているのではないかと思いぶらぶら歩いてみました。

Camera: EOS 10D

Hugo Meyer Nr.503313 Plasmat f:1.5 F=7.5cm (Kino Plasmat)
COOKE ANASTIGMAT 40mm f/2 563684
Planar 1:3,6 F=110mm D.R.P. 92313 Serie Ia No 36606 Carl Zeiss Jena


Hugo Meyer Nr.503313 Plasmat f:1.5 F=7.5cm (Kino Plasmat)

Left: F=1.5, Right: F=5.6
絞りによって、大きく描写が変わります。


F=1.5 - 2.0
だいたいKino Plasmat 1.5/9cmと同じなのですが、EOS 10Dで使うと120mm相当になるので、ちょっと長すぎて使いにくいです。それと、EOS 10Dのファインダーと相性が悪いようで、開放で一生懸命ピントを合わせても、前ピンになる時が多いです。EOS 5Dが修理から返ってきたら、ちゃんと評価したいと思います。


COOKE ANASTIGMAT 40mm f/2 563684




F=2.0 (F=4.0 for the last one), Right: Pixel crop


F=2.0


F=4.0
COOKE 2/40mmはテクニカラーカメラ用に作られた、初期の逆望遠レンズです。EOS 10Dだと周辺がケれれないのでいいのですが、64mm相当の画角になりますので、広角とは言えず、これもやはり中望遠です。


Planar 1:3,6 F=110mm D.R.P. 92313 Serie Ia No 36606 Carl Zeiss Jena

F=8.0 Right:Pixel crop


F=3.6
19世紀末のPlanarを再改造しました。ごく普通に使えます。