2008.2.16 Ozenji temple 王禅寺の梅

Camera: EOS 10D
COOKE ANASTIGMAT FOR TECHNICOLOR 35MM f/2
Hugo Meyer & Co-Gorlitz Nr.503313 Plasmat f:1.5 F=7.5cm

王禅寺には梅があり、自転車で20分くらいなので、ちょっとしたサイクリング兼散歩にちょうどいいです。 王禅寺の白梅はまだ咲いていませんでしたが、隣の王禅寺ふるさと公園では少し咲いていました。梅はちらほら咲き出したころの方がいいですね。


COOKE ANASTIGMAT FOR TECHNICOLOR 35MM f/2

F=5.6 Right: Pixel crop


Cookeの逆望遠はマクロ的な使い方がいいようです。35mmのレンズをペンタ67のヘリコイドチューブに入れているので、 レンズの先1cmまで写ります。順光であまり近づくとレンズの影になってしまうので注意が必要です。

EOS 10Dですと56mm相当になりますので、標準レンズです。F2のくせにバカでかくて大甘のレンズですが、 テクニカラー映画の世界をデジタルカメラで楽しめます。映画ファン必携のレンズと言いたいところですが、 うちにある35mmと40mmの2本以外見たことがありませんので、入手困難です。


Hugo Meyer & Co-Gorlitz Nr.503313 Plasmat f:1.5 F=7.5cm



F=5.6, Right: Pixel crop



F=1.5, Right: Pixel crop


F=5.6, F=1.5


普通のレンズでは、開放でピント合わせをしてから絞って撮影するものなので、その常識に囚われていたのが良くなかったようです。Kino Plasmatの場合には、F=5.6くらいまで絞ってピントを行い、絞りを開放にして撮影する方がピント合わせが楽です。EOS 5Dではその必要は感じなかったので、EOS 10Dでのみ有効な方法かもしれませんが。