2008.1.26 Okurayama 大倉山

Camera: CANON EOS 10D
ASTRO-GESELLSCHAFT BERLIN No 13122 ROSHER-KINO-PORTRAIT F:2.3 75mm No.1 vs. No.2
ASTRO-GESELLSCHAFT BERLIN No 13122 ROSHER-KINO-PORTRAIT F:2.3 75mm No.1 samples
COOKE ANASTIGMAT FOR TECHNICOLOR No218404 35MM f/2
Hugo Meyer & Co-Gorlitz Nr.503313 Plasmat f:1.5 F=7.5cm

大倉山の梅が咲き出しました。丘の頂上からは新横浜の市街が見えます。


ASTRO-GESELLSCHAFT BERLIN No 13122 ROSHER-KINO-PORTRAIT F:2.3 75mm
Rear Element No.1 vs. No.2

このレンズにはソフト加減の違う後玉が2個付いていますので、比較してみました。

Rear Element No.1

F=2.3 ---------------------- F=3.2 -------------------- F=4.5 ---------------------- F=6.3 ---------

Rear Element No.1 Pixel crop

F=2.3 ---------------------- F=3.2 -------------------- F=4.5 ---------------------- F=6.3 ---------

Rear Element No.2

F=2.3 ---------------------- F=3.2 -------------------- F=4.5 ---------------------- F=6.3 ---------

Rear Element No.2 Pixel crop

F=2.3 ---------------------- F=3.2 -------------------- F=4.5 ---------------------- F=6.3 ---------

No.2は中心のシャープな領域が狭いので、ひとりだけのポートレート向き。No.1の方が中心のシャープな領域が広いので、 数人の家族写真向きのようです。F=6.3まで絞っても、まだ周辺はソフトなので、この辺が普通のレンズと違うところですね。


ASTRO-GESELLSCHAFT BERLIN No 13122 ROSHER-KINO-PORTRAIT F:2.3 75mm
Rear Element No.1 sample

F=2.3

後玉No.2に比べてだいぶおとなしいNo.1です。開放では少し甘いのですが、いい雰囲気です。


COOKE ANASTIGMAT FOR TECHNICOLOR No218404 35MM f/2

F=5.6, Right: Pixel crop

F=2.0 - 5.6

F=5.6くらいまで絞ってクローズアップ撮影すると、適度に被写界深度が出て、なかなか楽しめます。 一眼に使えて、ソフトで、マクロがきく広角レンズは少ないので貴重かもしれません。


Hugo Meyer & Co-Gorlitz Nr.503313 Plasmat f:1.5 F=7.5cm


F=1.5 - 5.6

革を貼ったので、ちょっと外観と手触りが良くなりました。