2008.4.13 Mizonokuchi/Okurayama 溝の口・大倉山

Camera: EOS 5D
Astro-Berlin No55977 C Gauss-Tachar 1:2 100mm
RIETZSCHEL PROLINEAR F:1.9 / 13.5cm D R P 164290
DALLMEYER SUPER-SIX ANASTIGMAT F/1.9 F=3" 371051

Test 1: Gauss-Tachar/Prolinear/Super-Six

3本とも期待通りの、あるいは期待を上回る個性的な写りです。古典レンズはやっぱりこうでなきゃ、みたいな感じです。


Test 1: Gauss-Tachar/Prolinear/Super-Six
ISO=200

Astro-Berlin No55977 C Gauss-Tachar 1:2 100mm

--- F=2.0 1/1500------------- F=2.8 1/750 -------------- F=4.0 1/350 -------------- F=5.6 1/180 ------

--- F=2.0 1/1500------------- F=2.8 1/750 -------------- F=4.0 1/350 -------------- F=5.6 1/180 ------
F=2.8またはF=4.0で十分シャープになているので、F=5.6は省略。F=2.0ではハイライトのにじみが美しくソフトでコントラストが低く、ちょっと絞るとシャープでコントラストが上がります。


RIETZSCHEL PROLINEAR F:1.9 / 13.5cm D R P 164290

--- F=2.0 1/1500------------- F=2.8 1/750 -------------- F=4.0 1/350 -------------- F=5.6 1/180 ------

--- F=2.0 1/1500------------- F=2.8 1/750 -------------- F=4.0 1/350 -------------- F=5.6 1/180 ------
F=4.0でもまだソフトで、F=5.6まで絞ってやっとシャープになります。これは決して悪いことではなく、絞りによって色々な表現が可能であると言えます。


DALLMEYER SUPER-SIX ANASTIGMAT F/1.9 F=3" 371051

--- F=1.9 1/1500------------- F=2.8 1/750 -------------- F=4.0 1/350 -------------- F=5.6 1/180 ------

--- F=1.9 1/1500------------- F=2.8 1/750 -------------- F=4.0 1/350 -------------- F=5.6 1/180 ------
プロジェクタ用レンズのため絞りはF=1.9固定です。もし仮に改造して絞りを追加したとしても、やはり絞り開放でしか使わないのではないかと思わせるような写りです。


Astro-Berlin No55977 C Gauss-Tachar 1:2 100mm






F=2.0 - 2.8, Right: Pixel crop
ゴミ箱からあふれた空き缶が並んでいました。ゴミ箱をはずしてこの部分だけ切り取ると、立派なオブジェです。


F=2.0 - 2.8 溝の口近辺


RIETZSCHEL PROLINEAR F:1.9 / 13.5cm D R P 164290


F=1.9, Right: Pixel crop


F=1.9 - 5.6
普通のよく写るのレンズでは満足できない人にはおすすめのレンズです。ただ、後にも先にもこのレンズ一本しか見たことがありません。


DALLMEYER SUPER-SIX ANASTIGMAT F/1.9 F=3" 371051




F=1.9, Right: Pixel Crop


F=1.9 大倉山近辺
絞りがなくてもEOS 5DにはISO=50, 1/8000秒まであるので、別に撮影に不便はありません。一方、編集時は楽です。絞り値を思い出す必要がないので。