2008.5.18 Meguro 池尻大橋->中目黒->目黒

Camera: EOS 5D
ALPA ALGULAR 1:3.2/135 556138 (SYSTEM OLD DELFT) MADE IN SWIRZERLAND
Ernemann Anastigmat "ERNOSTAR" 1:2 f=10cm 151022
Astro-Berlin No55977 C Gauss-Tachar 1:2 100mm

OLD DELFT ALGULAR 3.2/135mmのテスト。それとエルノスター 2/100mmとガウスタッカー2/100mm。さて、あいかわらず東急線沿線をうろうろしていますが、 今日は田園都市線池尻大橋駅から東横線中目黒駅を経て目黒線目黒駅まで。このような経路を歩く人は普通いないと思いますが、 距離的には大したことないです。最後に国立科学博物館付属自然教育園にはじめて入りました。この日は偶然無料開放日。普段は300円。


ALPA ALGULAR 1:3.2/135 556138 (SYSTEM OLD DELFT) MADE IN SWIRZERLAND







F=3.2, Right:Pixel crop



F=5.6, Right:Pixel crop


F=3.2

DELFTのALGULARは135mmのくせに、バックフォーカスがわずか39mmほどしかない望遠レンズです。ですので、EOSマウントに改造するのは難しいです。これは暫定マウントでEOS 5Dで撮影しています。無限遠は出ず、4mより向こうにはピントがあいません。それでもレンズの特徴はよく分かります。3群5枚構成のレンズでして、第2群の後ろにコーティングがブルーのコーティングがかかっています。このコーテュングが柔らかいので、拭き傷がたくさんついています。F3.2と暗いこともあり、解放からシャープでコントラストが高く、フレアもよく抑えられています。


Ernemann Anastigmat "ERNOSTAR" 1:2 f=10cm 151022








F=2.0, Right:Pixel crop


F=2.0
エルノスターは開放からシャープですし、フレアも出ないのですが、コントラストが低く全体にうすもやがかかったような感じです。コントラストの高い被写体にはめっぽう強く、独特の甘い味わいがあります。


Astro-Berlin No55977 C Gauss-Tachar 1:2 100mm




F=2.0, Right:Pixel crop


F=2.0
開放の光のにじみは、意図したものかもしれません。映画におけるロマンチックな描写や、しわ隠しなど使い道は多いのかもしれません。