2008.7.19 Miyama 美山

Camera: EOS 5D
ASTRO-BERLIN No 51635 Gauss-Tachar F:2 75mm
Astro-Berlin No55977 C Gauss-Tachar 1:2 100mm
ASTRO-GESELLSCHAFT BERLIN No 13122 ROSHER-KINO-PORTRAIT F:2.3 75mm
KINO PRECISION JAPAN KIRON 28mm f/2 MC 60106221


Gauss-Tachar F:2 75mmによる美山かやぶきの里パノラマ。ISO=100, F=4.0, 8枚合成後縮小。

Compare Test 1: Three Astro Lenses


Compare Test 1: Three Astro Lenses
Camera: EOS 5D, ISO=100

ASTRO Gauss-Tachar 2/75mm

------- F=2.0 1/3000 ---------- F=2.0 1/3000 crop ----------- F=2.8 1/1500 ---------- F=2.8 1/1500 crop -----

ASTRO Gauss-Tachar 2/100mm

------- F=2.0 1/3000 ---------- F=2.0 1/3000 crop ----------- F=2.8 1/1500 ---------- F=2.8 1/1500 crop -----

ASTRO ROSHER-KINO-PORTRAIT 2.3/75mm

------- F=2.3 1/3000 ---------- F=2.3 1/3000 crop ----------- F=2.8 1/1500 ---------- F=2.8 1/1500 crop -----

あまり比較に適した写真ではなかったので、よくわかりません。やっぱりGauss-Tachar 100mmの解像度が高いような気がしますが、ベイリング・グレアがあるので、コントラストが低いです。Gauss-Tachar 75mmは開放からコントラストは高く安定した写りです。ROSHER-KINO-PORTRAITは、F2.3ですが、明るさはF2.0のレンズと変わりません。ペッツバール型の画面中心の解像度の高さが分かります。


ASTRO-BERLIN No 51635 Gauss-Tachar F:2 75mm









F=2.0, Pixel crop
かやぶき屋根のふきかえ作業が見られました。後ボケの形がちょっと変わっています。


F=2.0
普通によく写ります。


Astro-Berlin No55977 C Gauss-Tachar 1:2 100mm


F=2.0, Right: Pixel crop


ASTRO-GESELLSCHAFT BERLIN No 13122 ROSHER-KINO-PORTRAIT F:2.3 75mm


F=2.3, RIght: Pixel crop


F=2.3
中心がシャープで、像面が湾曲していますので、他のレンズにはない面白い効果が得られます。


KINO PRECISION JAPAN KIRON 28mm f/2 MC 60106221







F=2.0 - 16, Right:Pixel crop
F=16まで絞ると少し甘くなりますが、コントラストが少し低くなって柔らかくなるので悪くはないです。


F=2.0 - 5.6