2008.9.14 Ofuna 大船

Camera: EOS 5D
Hugo Meyer 1:2 f=10cm
Leitz Summarex f=8,5cm 1:1,5
Rau-Optik, Wetzlar "Astro-Astan" 1:2,9 f=4,7cm

Test 1: Meyer 2/100 vs Summarex 1.5/85
Test 2: Meyer 2/100 vs Summarex 1.5/85


Test 1 Meyer 2/100 vs Summarex 1.5/85
ISO=100


--- Meyer 2/100 F=2.0 1/4000s ---


--- Summarex 1.5/85mm F=1.5 1/6000s ---

Meyer 2/100mmを比べるべき2/100mmレンズが手元にないので、Summarex 1.5/85mmと比較してみました。焦点距離もF値も違いますが、似たような傾向を示すようですね。


Test 2 Meyer 2/100 vs Summarex 1.5/85

Hugo Meyer 2/100mm

--- Meyer F=1.5 -------------Meyer F=2.0 1/6000s ------ Meyer F=4.0 1/1500s ---


--- Meyer F=1.5 -------------Meyer F=2.0 1/6000s ------ Meyer F=4.0 1/1500s ---


--- Summarex F=1.5 1/8000s --- Summarex F=2 1/6000s ----- Summarex F=4 1/1500s ---


--- Summarex F=1.5 1/8000s --- Summarex F-2 1/6000s ----- Summarex F=4 1/1500s ---

やはりこのテストでも似たような傾向のようです。F=4まで絞るとどちらも非常にシャープです。Summarexはライカはもちろんのこと、ちょっと改造すれば一眼レフでも使えるし、なかなか良い味を出しますし、割と安くなっていますので、お買い得だと思います。


Hugo Meyer 1:2 f=10cm







F=2.0, Right: Pixel crop
秋の果実は栄養価が高いせいか、メジロは食事に時間をかけません。実を一個だけ持って飛び去ってしまいました。近接撮影には20mmの中間リングを使用しています。


F=2.0
引きで撮れるようなものがなかったので接写ばかりですが、柔らかくて繊細なこのレンズの特長が出ていると思います。


Leitz Summarex f=8,5cm 1:1,5






F=1.5
良いレンズなので楽しめます。でもきっと製造コストが高かったんでしょうね。ライカRマウントでもニコンFでもM42でもいいので、何とか今から復刻してくれないものですかねぇ。きっと売れると思います。


Rau-Optik, Wetzlar "Astro-Astan" 1:2,9 f=4,7cm



F=2,9
20mm中間リング使用。同じ中間リングでも、47mmに使うとグッと寄れます。