2008.9.15 Yokohama 横浜

Camera: EOS 5D
Hugo Meyer 1:2 f=10cm
Leitz Summarex f=8,5cm 1:1,5
Rau-Optik, Wetzlar "Astro-Astan" 1:2,9 f=4,7cm

横浜で日本丸の総帆展帆があるというので、中将姫光学さんといっしょに見物にでかけました。桜木町から横浜港をぶらぶら歩いて中華街まで行き、 また桜木町に帰る経路。あいにくどんよりとした曇り空で帆はあまり白く見えませんでしたが、古いレンズの繊細さが発揮できる条件でもあります。


Hugo Meyer 1:2 f=10cm





F=2.0, Right: Pixel crop


F=2.0
帆を揚げる作業はボランティアの方が行っておられるそうです。スピーカで解説を流しながら帆を広げるところは、なかなか面白いです。 帆が揚がると、乗船できます。見学料は日本丸とマリタイムミュ0ジアムを合わせて600円。


Leitz Summarex f=8,5cm 1:1,5





F=1.5, Right: Pixel crop


F=1.5
古いレンズはコントラストが適切なので、曇り日に絞りを少し開けてみたくなります。白とびが悪いかどうかは、 時と場合によります。私は結構白とびだらけの極端にハイキーな写真も好きです。白とびするとディーテルが失われるとも言えますが、わざとディーテルを消すテクニックでもあります。 ぜひ積極的に白とびを使って、一味違う写真を撮りたいものです。


Rau-Optik, Wetzlar "Astro-Astan" 1:2,9 f=4,7cm



F=2.9, RIght:Pixel crop


F=2.9
狭い船内は85mmや100mmだと引きがなさすぎますので、4.7cmの方が使いやすいです。非常に小さなレンズですが、描写はなかなか繊細でたっぷり楽しめます。