2008.9.27 Akihabara/Yurakucho 秋葉原・有楽町

Kenko DSC50N + Kino Plasmat 1.5/12.5mm
Kenko DSC50N (original lens 3.2/7.12mm) as reference

無改造のKenko DSC50Nと、Kino Plasmat 1.5/12.5mmに改造したもので、どの程度写りが違うのかチェックしてみました。 改造したものには赤外線吸収フィルターは入っていませんので、赤外線写真のように見えますので、ご承知おきください。



DSC50N F3.2(Color) <---> DSC50N F3.2(B&W) <---> Kino Plasmat F1.5
標準では43mm相当のレンズがついています。Kino Plasmat 12.5mmは75mm相当になります。DSC50Nは元々冴えない色ですね。 プラスチックレンズのせいか、それともCMOSセンサーのせいか。白黒だと結構いい感じです。Kino Plasmatは終戦直後のような感じですが、看板を拡大すると結構シャープです。





DSC50N F=3.2(B&W) <---> Kino Plasmat F=1.5
この手のコンデジは、明るい場所でもブレるのですが、Kino PlasmatはF1.5だけにぶれにくいです。


Kenko DSC50N + Kino Plasmat 1.5/12.5mm


F=1.5, Right:Pixel crop


F=1.5
赤外線吸収フィルターを割ってしまったので、こんな変な写真になったのですが、なかなか気に入りました。Kino Plasmat 12.5mmに合っているような気がしてきました。


Kenko DSC50N (original lens 3.2/7.12mm) as reference

F=3.2
レンズが暗いのでブレます。この手のコンデジはブレないように写すのは難しいですね。シャッターボタンを押してから1秒くらい静止していると良いようです。 画像のプロパティーを見るとF=3, 1/5秒、ISO=100と出ています。