2008.10.26 Japan Open-Air Folk House Museum 日本民家園

Camera: Kenko DSC50N (Handmade D mount)
SWITAR 1:0,9 13mm AR No 733874 Kern-Paillard Switzerland

Camera: Canon EOS 5D
Hugo Meyer 2/100mm

SWITAR 0.9/13mmは予想以上に優秀で、F0.9でも周辺までシャープに写ります。後玉をDマウントの枠ぎりぎりまで大きくして、明るさとイメージサークルを確保しているようです。その代り、樽型の歪曲が目立ちます。かなり思い切った設計に,
ケルン社の意気込みが感じられます。


Camera: Kenko DSC50N (Handmade D mount)
SWITAR 1:0,9 13mm AR No 733874 Kern-Paillard Switzerland







F=0.9, Right: Pixel crop


F=0.9
暗い古民家の中で、ISO感度の低いトイデジカメ(JPEGの中のEXIF情報では全部ISO=100となっていますが、本当のISO値は不明)を使う場合、 F=0.9は威力を発揮します。電球一個で照らされた暗い条件でも1/10秒くらいのシャッターが切れますので、十分手持ちで使えます。 予想以上にシャープな写りで驚きました。


Camera: Canon EOS 5D
Hugo Meyer 2/100mm






F=2.0