2008.11.8 Yokohama 野毛山

Camera: Kenko DSC50N (Handmade D mount)
SWITAR 1:0,9 13mm AR No 733874 Kern-Paillard Switzerland

今週末は天気が悪く、土日とも小雨模様。F=0.9開放ですが、Exif情報を見ると、ISO 100、1/15秒 - 1/30秒と書いてあります。これが本当だとすると、動物をブレなく撮影するのは至難の業ですね。


F=0.9
このトイデジカメは反応が非常に遅いです。シャッターを押してから実際にシャッターが切れるまで0.5秒ほどかかりますし、 次の写真を撮るにはそこからさらに1秒以上かかります。多分ビデオカメラ用のCMOSセンサーを流用しているので、 一枚の写真の読み出しに1/15秒ほどかかるんじゃないかと思います。

撮影モードを切り替えると”連写”ができます。シャッターを押すと3枚連続で撮影してくれます。なぁんだ、 これを使えば良いのだ、と一瞬思ったのですが、やっぱり変です。どう考えてもそんなことができるわけがないのです。 家に帰ってパソコンで見るとはっきり分かりました。VGA(640x480)程度の解像度に落として”連写”し、5Mピクセル(2560 x 1920)に水増しして記録しているのでした。

このレンズを生かすには、もう少し高級なカメラが必要かもしれません。マイクロフォーサーズはシャッターがずいぶん前にあるのでダメそうです。Kiss Dのミラー撤去改造しかないかもしれません。