2008.11.22 Shibuya 渋谷

Camera: EOS 5D
Hugo Meyer 1:2 f=10cm

東京でもだいぶ寒くなり、冬晴れの天気が続くようになりました。












F=2.0, Right: Pixel crop


F=2.0
Dallmeyer Super Six 2/100mm, Astro Gauss Tachar 2/100mm などと似た繊細な描写をします。典型的なダブルガウスという感じです。Kinoptik Apochromat 2/100mmも似た傾向ではありますが、少し優等生です。まだ試したことのないレンズにTaylor Hobson Cooke OpicまたはSpeed Panchro 2/108mm (4.25inch)があります。Ernostar 2/100mmはスペックは同じですが、構造が違うので、写り方も違います。どのレンズも、すばらしく良く写ります。100mm F2.0は、私が最も好きな分野のひとつです。
昔はレンズの図面を100mmで書き、焦点距離に合わせて拡大縮小して製造していたそうです。 これが原因で100mmに良いレンズが集中したのかもしれません。 あるいは、ブローニーフィルムあるいは映画用65mmフィルムの標準レンズだったせいかもしれませんね。